『キャプテン』『プレイボール』にみる努力

「努力のジレンマ」リアリティと物語の狭間で

 みなさんはこの1年、どんな努力をしましたか? マンガを題材に、「努力」の仕方を考察する短期連載を3日連続でお届けします。2日目は『キャプテン』と『プレイボール』です。

 

最高のガンバルマン!

『キャプテン』

前回では、『NARUTO -ナルト-』を取り上げ、『少年ジャンプ』における「努力」の系譜を考えてみた。努力は、友情や勝利と並んで少年マンガの主要なメッセージであったが、現在、努力を丁寧に描いた少年マンガは少なくなってきた。努力は、その成功が見込まれれば、単なる投資になり、見通しがない努力は、単純な熱い奴として周りから嗤われている。

今回は、努力マンガの原点を見つけるために、過去の名作を紹介したい。ちばあきお先生の『キャプテン』と『プレイボール』である。

まず『キャプテン』は、『少年ジャンプ』に連載されていた野球マンガである。主人公の谷口タカオくんは野球が大好きな中学生。彼は、野球の名門青葉学院から墨谷二中に転校してきたのだが、チームメイトたちは青葉学院のレギュラーだったと誤解してしまう。彼は、青葉学院の二軍、さらに補欠であったのだ。

気の弱い谷口は、その事実を告げることができず、みんなの期待に応えるために人知れず圧倒的な努力を続ける。その後、谷口くんが補欠であったことは部員にも知られるが、谷口の頑張りは彼らを惹きつけた。

『プレイボール』

多くの野球マンガは、主人公が魔球を投げるという非現実的なストーリーであったが、普通の気の弱い下町の中学生たちが、泥臭い努力を続ける物語である。何しろ、ちばあきお先生は、練習そのものを丁寧に描いていく。

谷口の中学卒業後、彼の頑張る精神を引き継いだ丸井、イガラシ、近藤、とキャプテンが代わっていく。

一方、谷口は墨谷高校に入学して、野球を続けていく。これが『プレイボール』の物語である。

努力のリーダーシップ

谷口という地味なキャラクターの魅力は、その努力による巻き込み力である。青葉学院という強敵との対戦に向けて、谷口キャプテンは地獄のノック受けの訓練を行う。メンバーは傷だらけになって次のように言う。

「ちぇ まったく キャプテンがうらやましいぜ・・・ただノックさえしてりゃいいんだからな」

「みんなキャプテンに抗議しようぜ!」

谷口の家に行くと、谷口の母ちゃんは「近くの神社に行った」と言う。部員たちがそこで見たものは、父ちゃんと一緒にノック受けの特訓をする谷口だった。みんなの練習の後に自分の練習をしていたのだ。

次ページ「頑張る」は伝染する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。