有料会員限定

開放的な個人こそ価値を創造する [講義3 イノベーション]

印刷
A
A

教える人 早稲田大学准教授 山野井順一

やまのい・じゅんいち●早稲田大学商学学術院准教授。1977年生まれ。米コネチカット大学でPh.D.取得。香港中文大学、中央大学を経て2015年から現職。(撮影:今井康一)

特集「経営学の教科書」の他の記事を読む

イノベーション=発明ではありません。発明しただけでは企業は生き残れません。

今では乗用車に普通に装備されている「エアバッグ」を例に取りましょう。これは1964年、起業家であり技術者でもあった小堀保三郎氏が発明し特許を取得したものです。ただ、長らく商業化されることはなく特許切れとなり、80年に独メルセデス・ベンツが搭載して、ようやく日の目を見ました。発明としては成功したのに、新たな経済価値を生み出すには時間がかかりすぎました。

イノベーションは自由な経済・研究活動から生み出されるものです。これまで経営学では、なぜイノベーションが生まれたのか、生み出せた理由は何だったのか、そしてそれはどのような個人や組織によるものだったのか、さまざまな角度から研究が進められてきました。

「イノベーターのジレンマ」という言葉をご存じでしょうか。シェアの高い事業を持つ企業は、その事業が魅力的であればあるほど、微小な改良にとどまってしまう。その結果、新たな特徴ある製品・サービスを生み出した新興企業に大きく後れを取ってしまうという理論です。イノベーションを左右するのは事業規模ではなく、イノベーションを起こすインセンティブの差なのです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経営学の教科書
主張を明確に伝える
(2)数字力 文系にも必須スキル
(2)数字力 文系にも必須スキル
2.差をつけるビジネススキル ビジネスパーソンの基礎力
[講義11 起業]
[講義10 マーケティング]
CASE STUDY 4 M&A
[講義9 M&A]
気鋭の経営学者が語る、最先端の競争戦略
日本は置き去りにされている
[講義8 採用学]
[講義7 組織論]
責任も高まる
CASE STUDY 3 ガバナンス
[講義6 ガバナンス]
[講義5 ネットワーク理論]
[講義4 国際化戦略]
CASE STUDY 2 イノベーション
日本型経営を問う2
[講義3 イノベーション]
[講義2 ビジネスモデル]
日本型経営を問う1
CASE STUDY 1 競争戦略
1.世界の経営学の新常識 [講義1 競争戦略]
たった1日でわかる 誌上ビジネススクール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内