有料会員限定

海外企業の買収が高値づかみになる理由 [講義9 M&A]

印刷
A
A

教える人 東京工業大学教授 井上光太郎

いのうえ・こうたろう●東京工業大学大学院社会理工学研究科教授。1989年東京大学卒業。慶応大学ビジネススクール准教授など経て現職。筑波大学博士(経営学)。(撮影:今井康一)

特集「経営学の教科書」の他の記事を読む

日本企業も含め世界では、国境を越えた企業の合併・買収(クロスボーダーのM&A)が増えています。ただ、日本企業によるクロスボーダーのM&A(2003~10年の期間)は、買収後2年間の株価や業績で見ると、企業価値が向上したかどうかはせいぜい五分五分。あまり芳しくない結果です。

企業がM&Aを行う主要な動機は、事業における効率性の改善です。前提となるのは「企業はどこまでを自社で行う事業の範囲とするか」という概念です。ロナルド・コース(1991年のノーベル経済学賞受賞者)が37年の論文「企業の本質」で、「企業は自社の取引コストを最小化するように自社の事業範囲を決定する」と指摘しました。M&Aも、この事業範囲を決める要素となります。

取引コストを最小化するにはM&Aで事業規模を大きくすればいい、という単純な話ではありません。売却によって不必要な部分を外部化したほうがいいときもあります。

自動車産業や電機産業などは、伝統的には川上の部品会社や川下のリース会社をM&Aも活用し垂直統合してきました。川上・川下への支配を強め、自分たちメーカーのニーズに対応してもらうことで取引コストの低減につなげました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経営学の教科書
主張を明確に伝える
(2)数字力 文系にも必須スキル
(2)数字力 文系にも必須スキル
2.差をつけるビジネススキル ビジネスパーソンの基礎力
[講義11 起業]
[講義10 マーケティング]
CASE STUDY 4 M&A
[講義9 M&A]
気鋭の経営学者が語る、最先端の競争戦略
日本は置き去りにされている
[講義8 採用学]
[講義7 組織論]
責任も高まる
CASE STUDY 3 ガバナンス
[講義6 ガバナンス]
[講義5 ネットワーク理論]
[講義4 国際化戦略]
CASE STUDY 2 イノベーション
日本型経営を問う2
[講義3 イノベーション]
[講義2 ビジネスモデル]
日本型経営を問う1
CASE STUDY 1 競争戦略
1.世界の経営学の新常識 [講義1 競争戦略]
たった1日でわかる 誌上ビジネススクール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内