有料会員限定

新しいビジネスは模倣から生まれる! [講義2 ビジネスモデル]

印刷
A
A

教える人 早稲田大学教授 井上達彦

いのうえ・たつひこ●早稲田大学商学学術院教授。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。早稲田大学商学部助教授などを経て2008年から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「経営学の教科書」の他の記事を読む

ビジネスモデルの意味を「儲けるための仕組み」と理解している人は少なくありません。特に2000年代以降、インターネットを活用して収益を得るビジネスが続々と誕生するにつれて、この解釈が主流になってきたように思います。

確かにこの解釈は定義としては間違いではありませんが、私は本質的に異なるとらえ方をしています。それは、ビジネスモデルとは、事業や儲けの仕組みを設計したり構築したりするときに必要な「型(かた)」や「お手本」だという考え方です。

抽象化した「型」を自社の仕組みに適用

そして、その型を模倣することで新しいビジネスモデルやイノベーションが生まれる、というのが私の基本的なスタンスです。実は国内外を代表するいくつかの企業も、ほかの会社を模倣することで新たなモデルを構築しています。

たとえば日本にコンビニという流通革命をもたらしたセブン−イレブン・ジャパン。創業者の鈴木敏文氏は、全米に展開する米セブン−イレブンを目の当たりにして、零細小売店を復活させるビジネスモデルと確信し、国内にこの仕組みを持ち込みました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経営学の教科書
主張を明確に伝える
(2)数字力 文系にも必須スキル
(2)数字力 文系にも必須スキル
2.差をつけるビジネススキル ビジネスパーソンの基礎力
[講義11 起業]
[講義10 マーケティング]
CASE STUDY 4 M&A
[講義9 M&A]
気鋭の経営学者が語る、最先端の競争戦略
日本は置き去りにされている
[講義8 採用学]
[講義7 組織論]
責任も高まる
CASE STUDY 3 ガバナンス
[講義6 ガバナンス]
[講義5 ネットワーク理論]
[講義4 国際化戦略]
CASE STUDY 2 イノベーション
日本型経営を問う2
[講義3 イノベーション]
[講義2 ビジネスモデル]
日本型経営を問う1
CASE STUDY 1 競争戦略
1.世界の経営学の新常識 [講義1 競争戦略]
たった1日でわかる 誌上ビジネススクール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内