有料会員限定

日本にこだわれば価値連鎖は作れない [講義4 国際化戦略]

印刷
A
A

教える人 立命館大学 准教授 琴坂将広

ことさか・まさひろ●立命館大学経営学部准教授。慶応義塾大学環境情報学部卒、英オックスフォード大学大学院経営学研究科で博士号。2013年から現職。(撮影:尾形文繁)

特集「経営学の教科書」の他の記事を読む

企業のグローバル化が加速する中、国際化戦略は経営学の注目分野の一つです。国際経営のトップランナーとして私が今、認識している企業には、米ボーイングや英・蘭ユニリーバなど欧米の巨大企業のほか、中国の通信機器メーカーのシャオミ、電気自動車の米テスラなどの新興勢力も含まれます。その理由を国際化戦略の基本概念を振り返りながら、ご説明しましょう。

なぜ企業は財の輸出入だけでなく、海外に直接投資をするのか。その行動原理を説明しようと、1960年代から議論が始まりました。

最初が「独占的優位」の理論です。これは、企業は市場の構造的な失敗がもたらす優位性を最大限に活用するために対外直接投資を行う、と説明します。この理論は、50~60年代に米企業が母国で培った独占的優位を海外でも発揮する動きをうまく説明することができました。

[図表1]
拡大する

しかし70年代に入ると、独占的優位を必ずしも持たない企業の進出が目立ってきます。そこで注目を集めたのが、ノーベル経済学賞を受賞したオリバー・ウィリアムソンが提唱した、取引コスト理論をベースにした考え方です。企業は海外での事業活動を自社内に取り込むほうがコストが下がるから進出する。この優位性を「内部化の優位」と呼びます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経営学の教科書
主張を明確に伝える
(2)数字力 文系にも必須スキル
(2)数字力 文系にも必須スキル
2.差をつけるビジネススキル ビジネスパーソンの基礎力
[講義11 起業]
[講義10 マーケティング]
CASE STUDY 4 M&A
[講義9 M&A]
気鋭の経営学者が語る、最先端の競争戦略
日本は置き去りにされている
[講義8 採用学]
[講義7 組織論]
責任も高まる
CASE STUDY 3 ガバナンス
[講義6 ガバナンス]
[講義5 ネットワーク理論]
[講義4 国際化戦略]
CASE STUDY 2 イノベーション
日本型経営を問う2
[講義3 イノベーション]
[講義2 ビジネスモデル]
日本型経営を問う1
CASE STUDY 1 競争戦略
1.世界の経営学の新常識 [講義1 競争戦略]
たった1日でわかる 誌上ビジネススクール
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内