「実家の片づけ」はもはや社会全体の悩みだ

東京一極集中のツケは大きい

週刊東洋経済2014年12月20日号(12月15日発売)の特集は「実家の片づけ2」です。8月に発売し大反響を呼んだシリーズの第2弾。整理整頓から売却、墓じまいまで総まくりしました。

実家の片付けは、親との「世代間ギャップ」を実感する場面でもある。物のない時代に育った親世代は、物を捨てる、処分することに対して罪悪感がある。そして、物を買うことに満足感を覚え、物に囲まれていることが安心感につながることもある。

一方でモノ余りの時代を生きた子ども世代は、「断捨離」という言葉がはやったように、物を捨てることに躊躇せず、逆に物を買うことに対して躊躇してしまう場面もある。往々にして、片付けの場面でこうした価値観の違いが浮き彫りにされる。

そもそも実家の片付けは、戦後日本の歩みの当然の帰結だ。戦後日本はほぼ一貫して東京一極集中による経済成長を目指した。

地方だけでなく首都圏でも「片づけ」

バブル崩壊後の1990年代半ばを除いて、1955年から現在まで一貫して東京圏に人口が流入。その流れは止まっておらず、2014年度も年10万人超が東京圏に流入する見込みだ。他方、関西圏の流入は1970年代前半までであり、名古屋圏は転入出はほぼ均衡している。戦後一貫して東京圏が人口の受け皿となってきたのだ。

「家」のあり方も変化した。戦前の家長制度が崩れ、誰が家を守るかがはっきりしなくなった。そうなれば、多くの地方に実家、そして親だけが取り残される。いま子ども世代が実家の片付けに追われるのは、日本社会がつくってきた全体の流れの中にある話なのだ。

人口減少時代を迎え、地方だけでなく、今後は首都圏の郊外でも取り残される実家が数多く出てきそうだ。特に郊外のニュータウンでは1960~1970年代に開発されたところが多い。ちょうど開発から40~50年が経過。親が現役を引退した他方で子どもは実家を離れ、独立している。地価の下落が進む中で、郊外の実家をどう処分するかは深刻な問題となるだろう。

いま実家の片付けに直面する子ども世代は50~60代が中心。彼らはいわば、「片付け第一世代」だ。単なる一過性ではなく、今後ますます深刻化する問題であることは間違いない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT