「脱家電」に走る家電量販店

住宅、酒、医薬品…新たな収益源はどこに

訪日外国人向けという別の切り口で興味深いのが、業界2位のビックカメラ。都市部の駅前中心という好立地を生かして、外国人観光客の取り込みを狙う。2014年8月期は5年前に比べて、訪日外国人売上高が約9倍に成長。10月1日から免税対象品目が拡大したのを追い風に、「専門店の集合体」として酒や日用品、医薬品など、家電にこだわらない幅広い商材を取りそろえている。

ドイツ証券の風早隆弘アナリストは「2020年くらいまで考えればエコポイントや地デジで買った人の買い替えサイクルが始まる」と分析する。それでも長期縮小にあるトレンドには変わりがない。

従来型の家電量販店でいくか、それとも専門性で個性を磨くのか。全社横並びで競い合った時代は終わり、それぞれ違う道を求められている。縮む一方のマーケットを前に、生き残りのため、各社に残された時間は少ない。

 (撮影:今井康一)

 (「週刊東洋経済」2014年12月13日号〈8日発売〉核心リポート03を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT