近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」 原田曜平著 ~村社会にこもる若者たちの本音


しかし、そういう村社会的な文化は、高度成長期に薄れていった。地方から都会へ大量の労働人口が流入し、村がなくなったり、人付き合いが希薄になったからだ。マンションに住む者は隣人との付き合いをする必要はない。

ところが著者によれば、近頃の若者は村社会を作っているようだ。地域による「村」ではない。中学校のときの友達、高校のときの友達、大学生のときの友達、バイト先の友達、友達の友達、友達の友達の友達。こうして1人の若者がいろいろな村(関係)を持っている。500人以上のメールアドレスを登録している若者は少なくない。

ケータイメール出現以前は、こうはいかなかった。中学から高校へ、高校から大学へ、そして就職と人生の階段を上がるごとに、以前の仲間とは疎遠になっていった。恋も友達関係も、いつかは脱ぎ捨てるものだった。

今はメールアドレスが登録され、仲間としょっちゅう連絡を取り合える。だから関係を重ね着する。たくさんの仲間といつも連絡し合うのだ。彼らは忙しい。今年になって「引きこもり70万人」と報道されたが、20代半ばより若い引きこもりは、家の中でケータイを使い、けっこう忙しく楽しく仲間とのコミュニケーションを楽しんでいるのかもしれない。

新入社員の半数が「海外で働きたくない」と考えているらしいが(産業能率大学調査)、確かに若者の海外志向は鈍っている。若者の海外旅行者数も留学生数も落ち込んでいる。若年者数の減少などの複数要因があるが、そもそも近頃の若者は「海外がかっこいいと言う人がかっこ悪い」と思っているらしい。また「ハワイは面白くない」というブログを読むと、「ハワイは面白くない」という情報が頭の中に固定されてしまうらしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング