近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」 原田曜平著 ~村社会にこもる若者たちの本音

近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」 原田曜平著 ~村社会にこもる若者たちの本音

近頃の本は、タイトルと内容が一致しないことが多いように思う。この本もそうだ。タイトルに「若者はなぜダメなのか」とうたっているが、読んでみると著者は若者を「ダメ」と決めつけているわけではない。7年間に47都道府県でインタビューした1000名以上(!!)の生態や行動を分析し、その特徴を精密に描いているだけだ。年齢は15歳(高1)くらいから20代半ば。

この世代と上の世代を分けるのはケータイの使用歴である。音声通話機器としての携帯電話は1990年代に普及していったが、メールやWeb閲覧ができるようになったのは、1999年のiモードサービスの出現(NTTドコモ)からだ。そして現在ではデータ通信が音声通話を追い抜くまでになり、iPhoneやアンドロイド端末などのスマートフォンが隆盛期を迎えている。

しかしケータイメールが使えるようになったのは、この10年間のことなのだ。今の25歳は高1の頃にメールが使えるようになっていた。いま高1の生徒は幼稚園の頃に使えるようになっていた。かれらはケータイでメールを書きながら、読みながら成長した。

彼らの中にはケータイならボタンを見ずに高速で入力できる者も多い。大学生の中にはケータイで論文やリポートを書き、パソコンに送ってからプリントアウトする者もいる。現在の20歳代半ばを分水嶺に、明らかにケータイ歴が違う。このケータイ歴が近頃の若者がダメに見える原因と著者は推定している。

近頃の若者コトバに「KY」がある。「空(K)気を読(Y)めない」者をいやがることだ。時にはいじめに発展する。この「空気を読む」文化は、もともと日本社会特有のものだった。そしてかつての日本の村社会でも「村八分(葬式と火事を除くので八分)」があった。村の全員が、嫌われ者と絶交することを村八分という。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。