ひろゆき氏「生活費は3万円で十分です」 「2ちゃんねる」創設者に聞く「おカネと労働」

印刷
A
A

原田:やっぱりすごいロジカルですね。さっきの子ども時代の「走る」エピソードが象徴的ですが、普通の人は、走って目的地に行く前に「何か発見があるかもしれない」とか、いろいろと感情が入ってきちゃうんじゃないでしょうか。

ひろゆき:発見するのが楽しければ、発見すればいいと思いますよ。

原田:ひろゆきさんの発想って、面白いですよね。

ひろゆき:家でゴロゴロしているから、考える時間が多いのではないでしょうか。

金持ち説、貧乏説、どちらが本当?

原田:もし、ひろゆきさんがサラリーマンだったらどうなっていますかね。うちの会社にいたら面白いことになっていそうですけど。

ひろゆき:おそらく適当に働いてるフリをして、営業回りとか言って会社に行かない。たぶん逃げ道を見つけていると思います。博報堂にいたら、会社に何も言われないよう、太いクライアントをつかんでおいて何もしないという、楽な方向にいきます。でも、まあ、クビになっているんじゃないですかね。

原田:なるほど。その前に、サラリーマンの給料では足りないのでは? 世間では金持ち説と貧乏説、両方が流れていますけど、実際はどちらなのでしょうか。

ひろゆき:おそらく根が貧乏で、いまだに変わっていないのだと思います。たとえば、僕は缶ジュースを買いません。のどが渇いたときはコンビニで500ミリリットルのペットボトルを買ったほうが得だし、そもそも飲み物は、ちょっと我慢すれば出先で出るし、家にもある。だから、110円を払うのはどうなの?と、思っちゃうんですよね。

原田:おカネがたくさんあっても、買わないのですか?

ひろゆき:おカネは一応持ってますけど(笑)、おカネを使うことが好きじゃないので、貯金残高は増える一方です。昔からずっと、時給1000円換算をしちゃうんですよね。たとえば、500円のものを買うときに、これは30分働く価値があるのかとつねに考えちゃう。買わなかったときは、「30分働かないで済んだ」と、ちょっと得した気分になります。

原田:生活費は、1カ月にどれぐらい使うのでしょうか。

ひろゆき:たぶん、3万円も使わない。僕、外で飯を食わないんですよ。だいたい自炊です。おごっていただけるならどこへでも行きますけどね。たまに海外旅行に出かけたり、カメラやパソコンを買うくらいで、服も買わないし、本当におカネを使わないんです。

原田:3万円でやっていけるなんて、すごいですね。その感覚は、ご両親の影響ですか?

ひろゆき:父親は公務員でそこまで貧乏ではなかったのですが、高校に入るまでお小遣いがなかったので、おカネを持っていなかったんです。だから、モノを買う習慣がなくて、欲しいモノがあると友達に買ってもらっていました。ずっとそういう生活なんですよね。

次ページ若者が「賢く」なった?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT