食卓は学校である 玉村豊男著

食卓は学校である 玉村豊男著

イタリア人は「人生に必要なことは、みんな食卓から学んできた」と言い、フランス人は「世界でいちばん食卓についている時間が長い」と自慢する。ひるがえって、現代日本人の食事にかける時間は、何とも短いようだ。

各国の食の社会的、文化的な背景には興味が尽きない。バイキング料理はスウェーデンのスモーガスボードが発祥で、単なる食べ放題とは似て非なるもの、日本の温泉宿で当たり前のように刺し身の出されるわけ、社会が近代化すると「温かい・柔らかい・甘い物」が好まれる理由など、話題は縦横無尽にして彫りが深い。

食をライフワークとする著者が、会話を楽しむ食卓の大切さを語りかける。

集英社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。