「英語公用語」は何が問題か 鳥飼玖美子著

「英語公用語」は何が問題か 鳥飼玖美子著

この6月、ユニクロを展開するファーストリテイリング、インターネット通販大手の楽天と、大手企業が相次いで自社内における「英語公用語」化を発表し話題を集めた。賛否両論あるものの、とりあえず英語をというビジネスパーソンは増えて、英会話スクールは活況を呈している。

英語同時通訳者の先駆けであり、現在は大学で異文化コミュニケーションを教える著者はこうした現状を「英語パニック」とし、英語の社内公用語化にはたして実効はあるのかと問いかける。英語支配の弊害、英語教育の問題点などを指摘しながら、仕事で使える英語をいかに学ぶか、グローバル化に本当に必要なものは何かと、日本人にとっての英語をあらためて考える。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT