維新の党、小沢鋭仁氏優遇の結末は?

山梨県の公認を巡って起こったドラマ

2012年の衆院選でも、小沢氏は山梨1区に出馬しながら、南関東ブロックの1位に優遇されている。当時、「民主党政権で環境大臣まで務めたものの、民主党の不人気で当選が危なくなった。そこで日本維新の会の結成に参加したが、自民党に吹く追い風の前でまたもや当選が見込めない。そこで橋下氏に泣きついた」と言われた。

この時も当然、党内から不満が出た。特に旧太陽の党の関係者から、「どうして小沢氏を優遇しなければならないのか」という声が強かったという。

それでもブームに乗った2012年の衆院選では、維新の党の前身である日本維新の会は南関東ブロックで5議席、近畿ブロックでは10議席を獲得した。しかし今回の衆院選では維新に追い風があるとは限らない。

維新の党内からは不満の声

2012年の衆院選で日本維新の会が選挙区で得た得票数の割合は全体の11.6%で、比例区は20.3%。これが2013年の参院選になると、7.25%と11.94%に落ち込んだ。その後、日本維新の会は次世代の党と別れ、結いの党と合併したが、おおまかな傾向は変わらないだろう。

「2012年の衆院選では、近畿ブロックの1位は東国原英夫氏。東国原氏は前宮崎県知事で関西とは縁がないが、元芸能人ということで得票が期待できた。小沢氏にはそれがない」

「小沢氏がそもそも党の幹部なら、支持の少ないブロックで票の掘り起こしをすべきだ。自分だけ当選が約束されて、それでいいのか」

公示の前日だけでも、党内からさまざまな不満の声を聞いた。自ら生き残るために選挙区を手放した結末は、次の選挙で明らかにされるだろう。

次ページ山梨2区でも対立が表面化
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT