「空飛ぶトイレ」「グリーントイレ」って何だ?

極楽トイレから世界の屋外排泄を考える

ベトナムでの「グリーントイレ」開発の様子

山上:その立ち上げプロジェクトの最中に、実はLIXILが2008年から「水や電気を使わないトイレ」の研究をベトナム、ケニア、インドネシアで始めていると知りました。

2050年に世界人口が100億人になったとき、飲料水を確保するだけで大変なのに、貴重な水資源を使う水洗トイレでは成り立たなくなるだろう、だから水を使わないトイレを作ろうとしている、と。

もう私以外に誰がやる!ぐらいの気持ちでアピールして、異動することができました。

尿と便に分離、肥料にして循環させる

──ケニアで具体的にどういう仕組みのトイレを研究しているのですか。

画像を拡大
「グリーントイレ」の仕組み(出所:LIXIL)

山上:コンセプトの第1は水資源の確保、第2は資源循環です。水や電気を使わずに、し尿を尿と便に分離して肥料にします。

──昔の肥だめとどう違うのですか。

山上:日本が培ってきた、し尿を堆肥にするというローテクノロジーにプラスして、最先端の微生物研究を融合させて、適切な肥料にします。

人間のし尿に含まれている窒素、リン、カリウムは、植物を育てる3大栄養素なのですが、それは廃棄されてしまっています。でも今、リンの埋蔵量が枯渇し、価格が高騰しているのです。世界人口が増えていって、食料を効率よく作るためには化学肥料が必要なので、ニーズが増えている。でも、特に新興国の場合、肥料を手に入れるだけのおカネがないので、せっかく土地があっても効率的に農作物を作ることができず、収穫量は低いままです。

この食料問題を解決するためにも、今、捨てられてしまっているし尿の栄養素を回収して、また畑に戻そうとしています。「循環型」という意味で、「グリーントイレ」システムと呼んでいます。

ただ、新興国は日本のようにすべてがそろっているわけではないので、自分で作ってメンテナンスもできるように、トイレの構造はシンプルでなければいけない。ローテクとハイテクを融合させて、いかに気持ちのいいものを作っていくかが課題です。

「グリーントイレ」作りの様子(左)と、「グリーントイレ」の外観(右)
次ページインフラ整備に応じて2つのトイレを売っていく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。