《プロに聞く!人事労務Q&A》海外派遣労働者の健康診断について教えてください

《プロに聞く!人事労務Q&A》海外派遣労働者の健康診断について教えてください

 

回答者:半沢社会保険労務士事務所 半沢公一

質問

労働者を海外派遣する前と帰国後に必ず健康診断を行わなくてはならないと聞きました。弊社では毎年健康診断を行っていますが、これとは別に、海外派遣用の健康診断を受けさせる必要がありますか?また、診断結果を労働基準監督署に報告しなければなりませんか?海外派遣用の健康診断を受けさせなかった場合の罰則はどのようなものですか?(メーカー、人事部)

回答

海外派遣労働者の健康診断については、労働安全衛生法にその取り扱いが規定されていますので、会社は、当該ルールに従うことになります。

1.海外派遣前の健康診断

会社は、労働者を海外に、6カ月以上派遣しようとするときは、あらかじめ(派遣前に)、当該労働者に対し、定期健康診断に掲げる項目及び厚生労働大臣が定める項目のうち医師が必要であると認める項目について、医師による健康診断を行わなければならないことになっています(同法則第45条の2第1項)。

すなわち、海外派遣労働者の健康診断は、定期健康診断の検査項目だけでなく、次の検査項目について、医師の判断で健康診断を行うことになります(1998年6月24日労告90号)。

<海外派遣前の検査項目>
(1)腹部画像検査(胃部エックス線検査、腹部超音波検査)
(2)血液中の尿酸の量の検査
(3)B型肝炎ウイルス抗体検査
(4)ABO式およびRh式の血液型検査

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。