100万台達成、中国で顧客を定着させる時期に来た--東風汽車・中村総裁インタビュー

マーチ投入、中国ブランドも発表

--新型プラットフォームを搭載した新型マーチを、中国でも投入しました。東風日産では増産計画も相次いでいますね。

8月末に、7万元を切る6.99万元~で発売した。もっとも安い車種だったリヴィナの8.3万元より1万元以上下げた。9月速報で販売台数は5600台。いいスタートを切れたと思う。

将来に向けた生産能力の増強も着実に進めている。5月、花都工場で乗用車第2工場の鍬入れ式を行った。12年に完成する。年間24万台の能力で、第1工場は去年から3直をしており、この夏に増強もして、39万台まで作れるようになっている。もう一つ、十堰(湖北省)でも商用車第2工場建設に着手をした。乗用車に比べるとラインがややシンプルなので完成は11年と早い。8万台の規模になる。

生産関連では、鄭州日産の第2工場竣工式を9月に実施した。第1工場と会わせて20万台の生産能力になるが、これを14年にはさらに24万台にする能力拡大に着手もしている。エクストレイルやキャッシュカイ(日本名デュアリス)をまず立ち上げて、来年は商用バンであるNV200を入れて、最新工場として今後の増産の第2の柱となる拠点に育てていきたいと思っている。

鄭州工場は、内陸にあることから、沿岸地域の花都工場に比べて労務費が4割程度安くできる。また、この地域は、漢民族発祥の地である中原(ちゅうげん)であるので、道路、鉄道、すべてここを通っている。ちょうどこの工場の脇には、日本で言う国道一号線、新幹線が通っている。車を運ぶという意味でも至便であり、1台あたりのデリバリーコストでもメリットがある。

花都工場は第2工場建設で日産の世界最大の工場となるが、災害や停電、洪水、大雪などさまざまなリスクを分散する意味でも、鄭州をちゃんと育てていく必要がある。そういう意味で、気合いが入っており、この竣工式にはカルロス・ゴーン社長もとんぼ返りで参加してくれた。

中国での自主ブランド「VENUCIA(啓辰)」の立ち上げも発表した。明けの明星、ヴィーナスをもじって付けた造語だ。中国では法律でトランクに製造会社を明示しなければならない。啓辰車には「東風日産」と入ることになる。ティーダやティアナなど品質の優れた東風日産がリリースする独自ブランドであるということを訴えていきたい。グローバル品質に支えられた、中国人のためのブランドだということを旗印にしていく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。