男性も必見!「冷え知らず」の体はこう作る

メタボぎみのあなたも「隠れ冷え性」かも?

温め食材は生姜、ネギ、ニンニク、ニラなどの「香味野菜」と呼ばれるもの。香味野菜には共通して、独特の香り成分「アリシン」や「硫化アリル」が入っており、食すと体がポカポカしてきます。また、唐辛子に含まれる「カプサイシン」にも体を温める効果が期待できます。

「具だくさん」はコンビニ飯の得意分野

ご存知のとおり、これら食材は様々なお料理に使われているので、コンビニ飯でも簡単に見つかるでしょう。 ただ、香味野菜や香辛料は一時的に体を温めますが、しばらくするともとに戻ってしまうので、今が旬のゴボウやニンジン、大根などの根野菜やキノコ類、春菊やほうれん草といった野菜も一緒にいただきましょう。キノコ類は脂質を代謝するビタミンB群も含むので、太りやすい季節には必須の食材と言えるでしょう。

冷え取り食材がわかったところで、コンビニで体が芯から温まるメニューを探してみましょう。毎度のことではありますが、1皿に数多くの食材が入っているメニューを選ぶのがポイントです。

〈みわ子流、冬に備えて冷え知らずの体を作るコンビニ飯!〉
・五目あんかけ
→生姜やネギなどの香味野菜をはじめ、ニンジンなどの緑黄色野菜や、キノコ類、豚肉といった脂肪燃焼効果が期待できるビタミンB群も摂取できます。海鮮類でタンパク質もしっかりカバー!
・具だくさん豚汁
→香味野菜ではネギや玉ねぎ、温め食材としては大根やゴボウ、ニンジンなどが含まれています。豚肉でタンパク質+脂肪燃焼のビタミンB群をプラス!
・チゲ風の具だくさんスープ
→唐辛子で味付けされたスープそのものがポカポカメニューです。季節の野菜やお肉、魚介類がバランスよく入っていて理想的!

 

香味野菜と旬の野菜が冷え改善食(メタボ対策食)のポイントですが、野菜類だけだとせっかくの栄養分が体に吸収されにくいので、お肉や魚介類もバランスよく入っているメニューを探してください。

上記はほんの一例で、1人分ずつ電子レンジで温めるだけで本格料理が楽しめるよう、各コンビニで工夫が凝らされていますよね。特に具だくさんメニューは、独り暮らしの方が自分で作ろうとすると、大量の食材を持て余してしまうこともしばしば。こんなときこそ、コンビニを賢く活用しましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT