「妻、小学生になる」にすっかりハマった人の目線 物語の切実さが俳優たちの本気度と重なり胸を打つ

印刷
A
A
現実にはありえない設定にひきこまれる訳は?(東洋経済オンライン編集部撮影)

堤真一(57歳)と毎田暖乃(10歳)がお似合い。父娘役ではなく夫婦役で。そんなことはにわかに信じられない。だがほんとう。じつにお似合いなのだ。金曜ドラマ「妻、小学生になる。」(金曜夜10時〜 TBS系 以下「つましょー」)の“妻が小学生”設定にこんな荒唐無稽なストーリーはいかがなものかと眉をひそめた人は多かったと思う。ところがふたを開けて見たら……おもしろい。それどころか、今期、いちばんの傑作といっても過言ではなく、SNSはにぎわい、見逃し配信の人気も高い。

(※ここから先は一部ネタバレを含みますので、これから初めてご覧になる予定のある方はご注意ください)

2月25日放送の第6回のラストでは、夫・圭介(堤真一)の年下だけど上司の守屋(森田望智)に告白されたところを妻・貴恵(毎田暖乃)が目撃。ぎろりとにらむと夫はあたふた。大人と子役によるこんな場面はともすれば茶番になりそうなところだが、真剣にどうなるの〜と次回が気になって仕方なかった。

毎田暖乃と堤真一の二人三脚の大勝利

それもこれも妻(石田ゆり子)が憑依した小学生を演じる毎田暖乃の貫禄の妻演技と、夫役の堤真一の渾身の愛妻家演技。彼らの二人三脚の大勝利である。東洋経済オンラインにドラマ賞があったら毎田と堤に最優秀演技賞を差し上げたい。

世帯視聴率はさほど高いわけではないにもかかわらず、「つましょー」がなぜ傑作足りえるか。それについて論じる前に「つましょー」未見のかたに向けて設定をざっとさらっておく。

妻・貴恵(石田)を亡くして10年、いまだに亡き妻を忘れることができず、自分の人生に身が入らない夫・圭介(堤)とひとり娘・麻衣(蒔田彩珠)のもとに現れたのは小学生・白石万理華(毎田)に生まれ変わった貴恵だった。番組公式サイトに掲載された「はじめに」では“生まれ変わり”と書いてある。

次ページ原作は人気漫画
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT