「冷戦ではない」この戦いが世界へ与える真の衝撃 ロシアの軍事侵攻の本質と世界経済への多大な影響

印刷
A
A

筆者は、昨年1月20日のバイデン大統領の就任演説を受けて、「バイデン就任演説から見えた5大注目ポイント 」(2021年1月21日配信)を寄稿しました。その中で、「バイデン大統領は予測可能性が高いことが長所・短所」であると指摘しました。以下、記事から引用します。

「一方で、予測可能性が高いことは、交渉戦略上は大きな短所として作用します。親トランプの過激派筋やテロ組織等には攻撃の材料を提供しやすいことを意味するのです。もっとも、オーソドックスで正義をもって事に当たろうとしているバイデン大統領は、後者のデメリットを熟知しながらも、自らの価値観とともに正々堂々として言動を続けてくるのではないかと考えられます」

今こそバランス感をもちながらも強力なリーダーシップをもつリーダー、老練でしたたかでタフなプーチンを凌駕するような戦略性、そして「民主主義国家」としての政治・経済・社会・テクノロジー面での強力なグランドストラテジーが求められています。

「兵は国の大事なり」再認識せねばならない厳しさ

最後に、孫子の兵法の中でも最も重要な箇所と言われている「兵は国の大事なり」の全文と現代語訳を、戦争研究の大家であり戦史研究家でもある杉之尾宜生先生の『現代語訳 孫子』(日本経済新聞出版社)から引用したいと思います。ビジネスや経営に即した現代語訳ではなく、あえて戦争研究での現代語訳とするのは、「新たな種類の戦争」の可能性の中で、私たちが戦いということの厳しさを再認識する必要があると思うからなのです。

[原文]
孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。
故に、之を経るに五事を以てし、之を校ぶるに七計を以てし、その情を索む。
[現代語訳]
戦争特に武力戦とは、国家にとって回避することのできない重要な課題である。戦争特に武力戦は、国民にとって生死が決せられるところであり、国家にとっては存続するか滅亡するかの岐れ道である。我々は、戦争特に武力戦を徹底的に研究する必要がある。
根本的な五つの考慮要素について、己自身の主体的力量を検証し、次いで七つの考慮要素に基づき彼我の力量を比較検証せよ。そうすれば、彼我の相対的な力量の実態を解明できるであろう。(『杉之尾・孫子』20ページ)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT