安倍首相は、「2つの顔」を持っている

「ギャンブラー安倍」は、賭けに成功するのか

ひとつだけ間違いないのは、いまさら11月17日(月)朝に発表される7-9月期GDP一時速報値に振り回される必然性は乏しいということだ。世間では、年率2%を超えれば増税OK、下回るようなら延期、などという解説がまかり通っている。しかるに7-9月期はすでに過ぎ去った過去の数字である。しかもGDPは、さまざまな統計を駆使して作られる推計値であり、この後で何度も修正されることになる。

確かに経済政策は、バックミラーを見ながら運転するようなもの。未来を知ることができない我々にとって、過去のデータは大切である。が、日本経済だけを見てどうこうという事態ではない。重要なのはトレンドだ。今後も日本経済は、適度な成長を持続することができるのか。ここは息を吸い込んで周囲を見回し、「ちょっと御免」というのが正しい勇気というものではないかと思う。

週末にブリスベーンで行われるG20首脳会議では、「世界経済安定化のために、ドイツはもっとインフラ投資をやれ。それから日本は、ホントに再増税をするのか?」といったプレッシャーを受けることだろう。だったら先手を打って、安倍首相は「日本は増税を延期します。これは世界経済のためです」と表明すればいい。

財務省の説明では、「日本は財政規律をしっかりしろ」と国際社会からハッパをかけられていることになっている。だが、Financial TimesやThe Economist誌を読むと、まったく違うことが書いてある。

たとえば最新のThe Economist誌は、「黒田日銀の大胆な決断は結構なこと。安倍首相も同様な大胆さで構造改革を強化しなければならない」「しかし増税に対しては慎重に扱うべきでだ。安倍首相は向こう12年間にわたり、税金を1年に1%ずつ上げる法整備を宣言すればいい」、「実施のタイミングは、経済が耐えられるようになるまで待つべきだ。それは来年ではないだろう」と書いている(”Big bazookas”11月8日号)。

世界が日本経済を見る目は、おおよそこんな感じだと考える方がいいだろう。

各種報道によれば、安倍首相は増税時期を2017年4月まで1年半の延期を決意したらしい。その場合、現在の衆議院議員の任期は2016年12月までなので、延期の判断について国民の審判を仰ぐ必要があると考えた、とのことである。

ちょっと怪しげな論理ではあるが、一応の筋は通っている。できれば民主党が、「それは三党合意を破棄するものだ。増税は断固行うべし」と主張してくれたらラッキー、てな思惑も垣間見える。しかし三党合意は、付則18条も含めての合意であるのだから、民主党が延期に賛成してもさほど不思議なことはない。その場合、対立軸が見えにくくなるが、争点は「アベノミクスに賛成か、反対か」でよろしかろう。

筆者としては、アベノミクスは本来、3カ年計画であると考えていた。2年目に信を問うのは時期尚早であろう。確かに野党の準備ができていない今は、国民の信を問うチャンスである。しかるに大義名分が乏しい「自己都合解散」に対し、世間の見る目は暖かいとは言い難い。まことにPragmaticなRisk Takingではないか。

安倍首相のギャンブルの行く末を見守ろう。

次ページさて競馬。「最強女子」決定戦の行方は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT