安倍首相は、「2つの顔」を持っている

「ギャンブラー安倍」は、賭けに成功するのか

ところがこの秋頃から、歯車が少しずつ狂い始めた。そこで安倍首相は、PragmaticなRisk takingに出た。すなわち、「増税時期は1年半延期して2017年4月からとする」という安全策と、「野党の準備が整う前に、抜き打ち解散に打って出る」というギャンブルの組み合わせである。

裏目にでたギャンブル

この夏、安倍首相は文芸春秋9月号に『アベノミクス第2章起動宣言』を寄稿し、「経済成長こそ私の政権の最重要課題」と宣言した。Security Modeから、再びEconomic Modeに転じたのである。そしてここでも、「内閣改造で女性閣僚を5人登用」「臨時国会でカジノ法案を審議」などとリスクテイカーぶりを発揮した。

ところが、これらのギャンブルが裏目に出ている。女性閣僚は早くも2人が辞任に追い込まれ、国会では、改造内閣の閣僚に対する「政治とカネ」問題で追及が止まらない。そして(筆者が切望する)カジノ法案は、全く審議ができていない。

なにより景気が怪しくなってきた。このままだと、来年10月からの消費税再増税に黄色信号がともり始めた。何より正直なのは、政府による時々刻々の景気診断ともいうべき月例経済報告である。

内閣府は7月に基調判断を上方修正して、「4-6月期は悪かったけれども、7-9月期は良くなりますからね」と政府シナリオ通りを描いてみた。ところが9月には下方修正、10月も連続で下方修正となっている。月例報告の基調判断が、わずか2カ月で豹変するとは前代未聞の出来事だ。官庁エコノミストたちが、「私どもは景気動向を読み違えておりました」と告白しているに等しい。

それに輪をかけて、特に10月から海外経済の動向が不穏になってきた。Euro(欧州経済圏の不振)、Emerging(新興国経済の減速)、End of Easing(QEの終了)、Ebola(エボラ熱の感染拡大)、そしてEnergy(原油価格の急落)など、Eを頭文字とするいくつもの不透明性が世界をかく乱し始めた。

たまたま10月31日のハロウィンの日に、「黒田バズーカ」がさく裂して「悪魔祓い」をしてくれたので、世界同時株安は一気に株高に転じた。だからと言って、追加緩和だけでいろんな問題が解決するわけではない。いくつものEの裏側を読み取らないと、世界経済の不透明性の正体が見えてこない。

ここは怖気づくのが正しい態度だと思う。「消費税増税法案の付則18条は、リーマンショック級の緊急事態を想定してのことであって、よほどのことがない限り増税は予定通り」(野田税調会長)、という理屈はその通り。しかし増税のタイミングは来年10月だ。その間に「リーマンショック級が起きない」と言い切れる自信があるかどうか。

次ページ世界経済は、生き物である
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT