中韓の「反日」に、どう向き合うか?

第2回 ナショナリズムは「3つのベクトル」で考えよう

ある意味で言えば、それは歴史のプログラムですから、それについての了解点がまだできてないのであれば、話し合わなければいけない。

一部、できているにも かかわらず、それでも理解し合っていないのであれば、それはそれできちんと議論しなければいけないと思います。それがベクトルのひとつ目。

友好的な層が多い

2番目のB層は、普通の人の普通の付き合いです。

たとえば中国の社会科学院が以前、日本人に対するアンケート調査を全国的にやったことがあるんです。社会科学院というのは研究者の集まりですね。そこの日本研究所がやった。各省、あるいは年代別、知識人別、職業別などにやりました。3万人をベースに声を拾って、抽出して、分析をした。

いろんな形の結果が出てるんですけれど、6割以上の中国人が、日本人は嫌いだ、日本人は信用しないと答えました。しかし3割くらいの人の答えは、日本人は信用できる、日本人と仲良くできるという。

で、その答えを見ていくと、日本人に友好的なその3割くらいの人のほとんどは、日本人の友だちを持っている人、日本に行ったことある人、日本と交流がある人なんです。ところが、日本人が嫌いな人たちのほとんどは、日本人なんかまったく知らない、話したこともない、付き合ったこともない、と言う。

ここに重要なカギがあると思うのです。普通の人との普通の交流があり、仕事やいろんな分野で付き合う。そうすると、必ず相互の間に、もちろん批判も起こるけれど、しかし「そうか」っていう肯定も起きるんですね。それが2つ目のB層です。

3つ目のC層というのは、どこの国にもいる、深く考えないで嫌悪だけをむき出しにするような人たちです。中国で言えば、日本がこういうことを言ったとなったら、あるいは中国政府がちょっとあおったら、暴動まがいのデモをやって、「シャオリーベン(小日本)、シャオリーベン」って叫びながら日本のスーパーを襲って、モノを盗むわけです。

言葉は悪いですけど、チンピラのレベルですね。もちろん日本にも、同じようなレベルの、ヘイトスピーチ的な動きもあるわけですね。

次ページ有好が生まれる条件とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT