漢方は“何か困ることはありませんか”が口火--『西洋医がすすめる漢方』を書いた新見正則氏(帝京大学医学部准教授)に聞く


──熊胆(ゆうたん)のように有効な化学成分がわかっているものもあります。

まだそうしたものは少なく、化学分析はそれほど進んでいない。そういう意味でも、漢方はなお過渡期にある。

──それでは有効性も低くなりませんか。

漢方は臨床試験をして、有効性が判断されて、保険適用になったわけではない。歴史が評価された。漢方は病名がわからない訴えに処方される。ただ、エビデンスとしてはなくとも、いくつも処方することでトータルで効けばいい。

たとえば、ある一つのクスリ、葛根湯(かっこんとう)が風邪に効くといわれても、葛根湯が効く風邪はほんの一部。急性期で発熱し、かつ汗が出ていないときしか効かない。葛根湯が効かなかったときにどうするか。別の特徴ある風邪に効くものを試してみる。

──滋養強壮に向いたものも多くあるとか。

補中益気湯(はちゅうえっきとう)の服用を勧めている。滋養強壮ドリンク剤の高級漢方版。かつ安い。仕事で疲れる、徹夜や試験勉強を元気よくこなしたい。こういうときに飲む。

大柴胡湯(だいさいことう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)もいい。万能薬なので、体格のがっちりした人の多くの病気を治せる可能性がある。働く人は常備していていい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。