東証の独占を揺るがす私設証券市場・PTSの潜在力と限界

東証の独占を揺るがす私設証券市場・PTSの潜在力と限界

PTS(私設取引システム)は1998年、証券取引法改正によって株式売買の「取引所集中義務」が撤廃されたことに伴い解禁された。現在7社が運営しており、「昼休みなし」「夜間取引」「最小0・1円の呼び値」などで取引所と差別化している。欧米では主要取引所を凌駕する勢いで、日本でも近年伸びてはいるがシェアはまだ1%。約90%を握る東京証券取引所の“独占”に変化はない。

そのPTSに、急成長を予感させる動きが最近出てきた。世界的なPTS大手の日本参入である。

野村系の「黒船」襲来 流動性の奪い合いへ

7月29日、チャイエックス・ジャパンが日本でのPTS業務を開始した。日本証券クリアリング機構がPTSで成立した売買の債務引き受けを開始し、決済リスクが解消したのに合わせたタイミングだった。

同社は野村ホールディングスの完全傘下にある。兄弟会社の欧州法人(野村の子会社が34%保有)は2007年の業務開始で、すでに欧州全域でのシェアが20%近くと、主要取引所と肩を並べる。カナダ法人も08年参入から1年で10%以上のシェアを獲得。取引所を上回る高速取引が売り物で、海外では手数料(場口銭)を大幅値引きするなど、シェア拡大最優先の戦術を採ってきた。

そんな「黒船」が襲来したのだから、東証とて意識せずにはおれない。「刺激になるし、目が覚める面もたくさんある」。7月の記者会見で東証の斉藤惇社長はそう語った。

ただ、今のところはスローな出足だ。1日の取引高も1億円程度で、PTS全体の中でも1%程度のシェアにとどまる。「われわれは慎重にスタートした。欧州法人でも最初はそうだった」。ジョゼフ・マイヤー日本法人社長はそう語る。取扱銘柄数は5銘柄から開始し、10月5日には823銘柄まで拡大。取引参加証券会社も現在は野村証券と外資系証券の9社だが、今後2年間で20~30社への拡大を目指している。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT