「積読しがちな人」が自分を責める必要がない理由 年齢を重ねることで「面白く読める」本がある

印刷
A
A

本を薦めてもらうメリットとは?

加藤:ワタクシ図書館が好きなんですけど、図書館の司書さんはそういうことをレコメンドするのがお仕事なので、気楽に聞いてみるのも面白いかも。お金もかからないしね。

角田:加藤君は、司書さんみたいな人と仲良くなるのが昔から好きだよね。僕なんかは「自分で探します」と言っちゃうタイプだけど、たしかに司書さんとかと仲良くなるのはいいよね。

『仕事人生あんちょこ辞典: 50歳の誤算で見えた「ブレイクスルーの裏技45」』(KKベストセラーズ) 。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

加藤:相手が「薦めてほしい」と求めているものをそのまま渡すのはあまり面白くないとするなら、話の流れがわかったうえで、ちょっと外して「じゃあ、これどうですか」みたいに薦めてくれると嬉しいよね。

そういう、自分では気づけない選択肢を発見してくれる人は、本だったら司書さんやベテランの書店員の方だったり、本好きの友達であるとか、いろいろな人に訊けると思うんです。

角田:高校時代の僕にとって、「本好きの友達」とはまさに加藤君だったわけだけど、「この人、面白いなあ」と思ったのは、出会った当時に村上春樹を薦められたんです。で、その時に一緒に薦められたのが、漫画の『超人ロック』だったんですよ。

加藤:名作ですね。

角田:「村上春樹と『超人ロック』を同時に薦めるヤツ」というところにしびれたんだよね。

加藤:村上春樹さんに関して言うと、初めて読んだのは中2の時で、塾の国語のテストに出てきたんですよ。その時、文章に感激しちゃって、途中で手が止まってさ。そこからはテストに答えられなくなった……という出会い方をしたわけです。

角田:僕も同じ体験をしたことがある。遠藤周作の『海と毒薬』が問題文で出て、問題を解くよりもその先が気になっちゃった。

加藤:そういう名文というか、素敵なコンテンツが出てくるのって、テストとしてどうなんだろう(苦笑)。

角田:「受験生が答えたくなくなる試験」だったってことだけど、それもやっぱり文学の力だよね。

(本連載の過去記事はこちらからご覧になれます。次回は3月23日に更新予定です)

本連載ではお悩みを随時募集しています。仕事、就活、受験、生き方……などなど、角田氏と加藤氏に相談したいことをお書きください。応募はこちらからお願いいたします。
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT