日本の伝統工芸を改革するイギリス金融マン

伝統と職人は、本当に守られるべきなのか?

私たちは、無意識に伝統の老舗企業で手抜きなどあるわけないと考えてしまいがちです。日本の伝統工芸の職人と聞くと、どうしても意識が高く崇高なものと見てしまいます。もちろん、意識も技術も高い人は大勢いるのは事実でしょう。一方で、全部が全部そうだと決めつけるのは、間違っています。

小西美術工芸の職人

これは伝統工芸を保護・支援する政策という点からも、モラルハザードを生む可能性があることを示唆しています。支援する主体(文化庁など)が専門知識を有し、伝統工芸の価値を評価する明確な基準がなければ、伝統工芸をひとくくりにして、補助金を提供していくしかありません。

しかし、その結果、何とか新しい価値を作り出そうと努力している伝統工芸も、そうではなく単にフリーライドしている伝統工芸も、すべて支援の対象として一緒くたに含まれてしまう。それが本来、予算対効果が高い伝統工芸にきちんとした予算が行き渡らないという結果を生むことになるのです。

「文化財を残していって、その技術を伝えていくためにはどうしても予算が必要ですが、日本全国の国宝、重要文化財として指定されている建造物修理予算はたったの81.5億円です。この限られた予算が、手抜きを作ったという現実もあります。職人を雇って、育てて、素晴らしい仕事をさせるには、私はこの予算を200億円に増やす必要があると分析しています。経済効果を見れば、公共投資の中で大した金額ではないし、伊勢神宮や出雲大社の式年遷宮の経済効果を考えると、公共投資の優等生だと思います」

一方で、そもそも伝統工芸で「残すべきもの」「残さないもの」を単純に線引きするということ自体がとても難しいことだとアトキンソンさんは指摘します。

「どこまでが伝統工芸になって、どこまでが伝統工芸でないのか。ちょんまげは残ってませんよね? 平安時代に革靴を作っていた人は間違いなくいましたが、今はいません。伝統工芸とは、現代社会で否定されている技術として定義されているから、伝統工芸として守るべきものになっているわけですよね。漆はジャパニーズペンキで、西洋からペンキがやってくるまで一般的に使われていました。それまでは普通のいわゆるペンキだったわけです」

次ページ「若い後継者がいない」はウソ!?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT