政界で話題「5年後の総理」番付に見る3代目の宿命 トップだったのは福田達夫氏、2位は河野太郎氏

印刷
A
A
福田達夫氏(左)と河野太郎氏(右)(左写真:つのだよしお/アフロ、右写真:尾形文繁)

年明け直後からの「オミクロン政局」で岸田文雄首相の指導力が厳しく問われる中、政界では早くも、“ポスト岸田”を含めた「近未来の首相」の人気番付が、格好の話題となっている。有力月刊誌の新年企画がきっかけで、自民党内の権力構図の未来予測ともなるからだ。

もちろん「一寸先は闇」とされる政界で、来年どころか数年後の首相が誰かを論ずるのは「鬼が大笑いする話」ではある。ただ、「首相にしたい政治家」の上位4強は林芳正外相、河野太郎広報本部長、茂木敏充幹事長、福田達夫総務会長で、保守のマドンナ・高市早苗政調会長、人気抜群の小泉進次郎総務会長代理は下位に低迷していることが目を引く。

しかも、「5年後」の首相候補は福田氏断然トップで、河野氏が2位。両氏は、いずれも祖父以来の首相を目指す3代目で、しかも前2代は首相就任で明暗が分かれただけに、永田町では「家系による“宿命”」(首相経験者)などの臆測も広がる。

「ポスト岸田」は林芳正氏がトップ

この新年企画は、月刊誌『文藝春秋』が、年明け発行の2月号で「次の総理、5年後の総理」と名付けた特集記事。政治の現場で取材する各メディア所属123人の政治・経済記者へのアンケートの結果をまとめたものだ。

それによると、ポスト岸田となる「次の総理候補」ではトップが林氏(31票)、2位が河野氏(18票)、3位が茂木氏(16票)で、4位に岸田首相(9票)がランクイン。高市氏は5位(8票)にとどまった。

一方、「5年後の総理候補」では1位福田氏(28票)、2位河野氏(14票)3位林氏(11票)で、4位には安倍派成長株の萩生田光一経済産業相(6票)が食い込んだ。「次の総理」ではわずか3票だった福田氏が断然トップで、高市氏はわずか3票、3位だった茂木氏は圏外となった。

次ページ政界関係者はどう見た?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT