サンマ、今年は10月後半から安売り競争に?

昨年は不漁で店頭価格が急騰したが…

スーパーは通常、4キログラム箱入り23~27尾を仕入れる。これに適合しない小サイズのサンマは缶詰などの加工用や輸出、冷凍に回される。昨年はスーパーで使えるサイズが漁獲量の1~2割だった。今年は5割程度で、しかも1箱当たり23~25尾と肉厚なものが多く、流通量も増加した。

10月に入って卸価格は1キログラム400円前後で、スーパーでの店頭価格は1尾98円が主流。昨年は一回り小ぶりだったが、同時期の卸価格は1キログラム500円以上、店頭価格は1尾150円前後だった。

食品スーパー大手・マルエツでは、9月単月のサンマの販売額は前年同月比2割増だという。同社にとってサンマは鮮魚部門の売上高の8%程度を占める重要商材だ。

10月後半以降の店頭価格について「消費者は年に2~3回食べれば飽きてしまうので、水揚げ量が多い今年は価格勝負になりそう。大ぶりなサンマを販売し価格を維持していきたい」(商品本部鮮魚部の宮司智啓氏)。すでに一部では60円台の特売セールを実施しているスーパーもあるようだ。

運送費上昇が産地を圧迫

もっとも、店頭価格とは裏腹に、コストアップ要因は少なくない。漁船の燃料価格高騰に加え、トラックの積載量やドライバーの労働時間の厳格化による運送費の上昇が産地を圧迫しつある。

「卸価格が400円を切ると、逆算すると浜値は北海道で150円以下になる。こうなると、生産者は(鮮魚より輸送コストの安い)輸出や加工のための冷凍に回す」(大都魚類の取締役鮮魚特種部長・鉛山茂久氏)。昨年は加工用も枯渇し、台湾などからの冷凍輸入サンマが増加したが、今年はこの面でも心配はなさそうだ。

「週刊東洋経済」2014年10月18日号<10月14日発売>掲載の「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。