阪神・和田監督の「続投劇」でわかるウラ事情

CSで阪神が巨人に勝っても、手放しで喜べない理由

ただ、和田監督交代の可能性も残したままCSに突入していれば、チームは広島以上に動揺していたことが予想される。関西マスコミにとって、阪神の監督人事は最優先事項だから、連日、次期監督の名前が乱立し、ゲームどころではなかった可能性が高いからだ。

その意味でも、CSが開幕する前に和田監督の続投が正式決定し、チームは落ち着いてゲームに臨むことができたという見方もできる。つまり和田、野村両指揮官の去就を巡ったチーム心理が微妙に絡んだということだ。

さて、CSファイナルステージは阪神が勝ち上がって、巨人との対戦になった。来シーズンも指揮をとる和田監督は「来年は必ず優勝してくれという言葉もいただいた。でもまだその前にやるべきことがある」と打倒巨人を誓った。

レギュラーシーズンは巨人が阪神に13勝11敗と勝ち越している。だが、戦力的には投打にほぼ互角といえるだろう。ここで雌雄を決する焦点は、原、和田監督同士の駆け引きになってくる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT