トヨタ自動車、「3000万円ボート」の本気度

随所に自動車技術を盛り込んだ”自信作”

新たに発売するレジャー用ボート。価格は2970万円(税抜き)

国内のレジャー用ボート市場は年間約300隻。トヨタが手がけていない安価なフィッシングボートが多いため、台数ベースではトヨタのシェアはわずか6%にとどまる。4~5割のシェアを握るヤマハ発動機、2位のヤンマーとの差は圧倒的だ。そもそも国内のレジャー用ボート市場は小さく、成長余地も乏しい。同じ乗用車メーカーでは、9月に日産自動車の子会社である日産マリーンが15年3月をめどに船艇やエンジンの販売を終了すると発表。船外機を手がけるホンダも同分野では苦戦している。

トヨタでは11年に全長約12㍍の「PONAM-35」を発売(5820万~5980万円)したが、主力は全長約10㍍の「PONAM-29」(1450 万~2520万円)だ。オプションなどを考慮しても、マリーナ事業を除くマリン事業の売上高20億円には達しない。今回、新発売するPONAM-31の販売目標は年間15隻なので、目標を達成しても5億円程度。連結ベースで25兆円の売り上げを誇るトヨタにとって、ボート事業の取り組みはどのような意味があるのか。

事業展開は国内に”限定”

新しく発売する「PHONAM-31」の内装

トップのヤマ発はレジャー用ボートで小型から大型までそろえるほか、ヨット、マリンジェット、さらには船外機、漁船や業務艇など幅広くラインナップしている。海外では米国や中国にも進出している。トヨタも国内だけで事業を拡大するには限界があるが、「海外は今のところ計画にない」(友山常務)という。

マリン事業を開始して間もない1999年には、レクサス用エンジンを積んだレジャー用ボートを米国で販売したことがある。ただ、米国でニーズが高い大型ボートを持たなかったこと、サービス体制の構築などの問題から数年で撤退した。2年前にも米国展開を検討したが、輸送費や関税、サービス体制、ユーザーの好みとラインナップの違いなどから、再進出を見送った経緯がある。

次ページマリン事業を続ける意味とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT