フランスが「学校のいじめ」厳罰化に動いた事情 日本のいじめと異なるところはあるのか

印刷
A
A
フランスでは学校のいじめを厳罰化する法案を可決した。日本とフランスの相違点とは(写真:pictus photography/iStock)

フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが日本とフランスの相違点について語り合う本連載。

今回はフランスで学校のいじめを厳罰化する法案を可決したことについてです。日本同様、学校でのいじめが社会問題となっているフランスでは、被害者が自殺した場合は加害者に最大禁固10年を課すなど厳しい措置に動いたことが日本でも話題となっていますが、フランスがいじめの犯罪化に動いた背景には何があるのでしょうか。

長年待ち望まれていた法案

くみ:フランスも年末年始のバカンスが終わり、日常に戻ったね。前回の記事(フランス「年末の過ごし方」2年でこんな変わった)で予想していたとおり、昨年末もやっぱり車が燃やされていたね……。

この連載の一覧はこちら
 

さて、今日エマニュエルと話したいのは、いじめについて。先日フランスで加害者に厳罰を科すことが可決された学校のいじめについては日本でもかなりニュースや話題になっている。ひと口にいじめと言っても内容はさまざまだけど、被害者が被害を受けて心身苦しむことに変わりない。やはり法的に犯罪と認定して被害者と加害者に適切な対応をすべきだという今回の措置には、日本のニュース・サイトでも賛成するコメントが多く見られる。

当然フランスでもニュースになっているけど、身近なところでも反響はやはり大きかった?

エマニュエル:そうだね、いじめを受けている子どもたちが、年齢を問わずさまざまな形の暴力を受けているというのは多くのニュースでも扱われてきたわけで、今回のこの法の可決は長年待ち望まれてきたものだ。

例えば、昨年の春に14歳の少女の打撲の痕跡のある遺体がセーヌ川で見つかり、同級生2人が逮捕される事件があった。少女の母親はスナップチャット上に下着姿の彼女の写真が拡散されて以来、脅迫などの被害にあっていたと話している。

最近行われた調査によると、20%の児童がサイバーハラスメントの被害に遭った経験があるとされている。このうちの51%が平均13歳の少女であるということだ。

次ページフランスでの「いじめ」の定義
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT