「SNSをなんとなく使っている人」が知らない3盲点 「情報のプロ」も恐れる「ヤバい落とし穴」は?

印刷
A
A

SNSでは、「エコーチェンバー」というイヤな用語もある。これは「残響室」という意味で、音が壁などで吸収されずに、いつまでも残りつづける特殊な実験室のことだ。

そこから、同じような信念や考えを持つ人たちが閉鎖的な場所に集まると、お互いに「そうだ! そのとおりだ!」と言い合いつづけて、ひとつの信念だけがどんどん増幅されてしまうことをたとえている。

3つめのSNSの落とし穴は、「『エコーチェンバー』に入ってしまって偏った信念が増幅されること」である。

【3】「エコーチェンバー」で偏った信念が増幅される

自分が信じていたことを「否定」されるのは、つらい。自分が全否定されるように感じてしまうし、それまでの行動がすべてムダになってしまう不安が頭をもたげてくる。

だから、心の片隅で「ひょっとしたら自分は間違っているのかも……」という疑念が生じても、自分のアイデンティティが崩壊する怖さから、「誤った信念」にしがみついてしまうのだ。

この研究によると、「エコーチェンバー」に入ってしまった人には何を忠告してもムダなようである。彼らの信念に反するような記事や動画を教えてあげても、彼ら自身がそれまで信じていたポジションにますます強くしがみつくようになるのだという。

このような人たちは「エコーチェンバー」の外側にいる人の声に耳を傾けることはついぞない。こういう世界に引きずられて呑み込まれてしまうのは、残念ながら愚かなことである。

「人間関係用」と「情報収集用」でSNSを使い分ける

「友人たちからの情報」が偏ってしまわないためには「いい人間関係をつくればいい」という見事に美しい回答もある。しかし、これは現実的ではない。そんなことができる人は、そうは多くないからだ。

普通の人間関係の中で生きている凡人にも可能な方法は、ないのだろうか。答えは、SNSを使い分けて「人間関係用」と「情報収集用」に分離すればいいのだ。「人間関係のためのSNS」と「情報収集のためのSNS」を分けてしまうのである。じつにシンプルである。

SNSをうまく使い分けて「使いこなすスキル」を身につけることで、「偏った情報」に振り回されない「良質な情報」を見極めてほしいと強く思う。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT