平清盛を隆盛に導いた「壮絶な身内ケンカ」の中身 武士が実権を握る原点となった「保元の乱」

印刷
A
A
平清盛はどのように勢力を拡大していったのでしょうか(写真:dwph/PIXTA)
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』やフジテレビ系列のアニメ『平家物語』の放送が始まり、源氏や平氏の歴史に注目が集まっています。公家社会だった平安時代末期、源氏や平氏といった武士がどのようにのし上がったのか。そのきっかけとなったのが「保元の乱」です。その詳細について歴史学者の濱田浩一郎氏が解説します。

『平家物語』の記述は実にあっさり

平安時代末期の内乱である保元の乱(1156年)は、皇位継承をめぐって崇徳上皇と後白河天皇の兄弟、摂関家では藤原忠通と頼長の兄弟が激しく対立し、そこに源氏や平氏などの武士が加わった戦いだ。武士の政界進出を促すことになった、日本史の教科書に必ず載っている合戦である。

だが、平氏の栄枯盛衰を描いた『平家物語』における保元の乱の記述は、実にあっさりとしている。それは次のようなものだ(現代語訳は筆者)。

「平忠盛は刑部卿(司法全般を管轄する省庁の長官)に任じられたが、仁平3(1153)年正月15日に、58歳でこの世を去った。嫡男の清盛がその後継者となる。保元元(1156)年7月、宇治の左大臣・藤原頼長が反乱を起こしたとき、安芸守であった清盛は、後白河天皇に味方して戦功を立てた。よって戦後は、播磨守に任命され、保元3(1158)年には、太宰大弐(九州の地方行政機関・太宰府の次官)になったのである」

平忠盛が死去し、いよいよ、その嫡男・清盛が登場してくる場面である。そして「保元元(1156)年7月、宇治の左大臣・藤原頼長が反乱を起こしたとき」というのが、保元の乱のことを指すのだが『平家物語』はサラリと流している。しかし、この戦いで「勝ち組」についたことが、清盛のさらなる躍進の契機となった。

鎌倉時代初期の史論書『愚管抄』(作者は天台宗の僧侶・慈円)は、鳥羽法皇(崇徳上皇と後白河天皇の父)が崩御してすぐに勃発した保元の乱によって、日本国は「武者の世になった」と記している。そうしたことを考えたとき、保元の乱は、清盛の躍進の契機となったのみならず、日本の歴史全体に大きな影響を与えたということになる。

次ページ藤原氏も兄弟で対立
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT