就活生が驚く「印象に残るエントリーシート質問」

負荷大きいが興味そそる独自設問に学生は好感

就職活動で提出するエントリーシートの設問には企業の個性が表れている(写真:shimi/PIXTA)

現在の就職活動の実質的なスタートは3年夏のサマーインターンシップからと言われている。だが、多くの学生にとってインターンシップは就活の前哨戦であり、本格的な企業とのコンタクトは3月から始まる。就活サイトから企業にプレエントリーし、3月半ばにはエントリーシート(ES)を提出する。その内容は面接の質問に反映される。

エントリーシートを上手に書くのは大きな負荷なので、「エントリーシートを共通化してほしい」という要望は多い。その要望に応えるリクルートの「OpenES」のようなサービスもある。

しかし、すべての企業が使っているわけではなく、大手企業では独自フォーマットのESであることが多い。そして、印象に残るような意外感のある質問を出す企業もある。そこで、HR総研が楽天みん就と共同で6月に行った「2022年卒学生の就職活動動向調査」のデータを用い、就活生が驚いたエントリーシートの設問を紹介したい。

印象に残る企業の上位は?

まず、印象に残るような設問を出すと、学生が評価する企業を紹介したい。HR総研の就職活動動向調査で「エントリーシートが印象に残っている企業を1社だけ挙げてください」という質問を毎年行っており、上位企業の顔ぶれはほぼ固まっている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

今回のTOP10を挙げると、1位旭化成、2位カゴメ、3位アクセンチュア、4位博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、5位講談社、6位花王、7位味の素、8位バンダイ、9位は同数で楽天グループソニーグループだ。

この順位は、2022年卒学生の回答によるものだが、2021年卒を対象とした調査でもトップ3は旭化成、カゴメ、アクセンチュアだった。これらの企業を志望するなら、エントリーシートの事前対策が有効である。

次ページ学生の知的好奇心をかき立てる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT