再上場!すかいらーく株を買ったら、儲かるか

量的緩和終了、10月の相場は波乱?

すかいらーくグループがいよいよ再上場へ。グループのガストでは、「フォアグラハンバーグ」が話題だ
ドル高円安が進んだこともあり、日経平均株価は年初来高値を更新。しばらくの間、ほとんど株取引をしなかったカリスマ投資家の内田衛氏は、この間、どうしていたのか。やはり、輸出関連株などは買っておらず、豊富な経験に裏打ちされた取引をしていたようだ。株日記で振り返って見よう。

いや~、ビックカメラの価格がついに買値の5.8倍に

【9月16日(火)】NYダウは、43ドル高の1万7031ドルと小反発。ナスダックは、4週ぶり安値。

優待目的保有のビックカメラ(3048)が、ザラ場で大台の1000円を超えて来た。終値は989円変わらず。ビックカメラを初めて買ったのは、今から5年7カ月前の2009年2月27日に、1株1万7200円(100分割前)だったので、株価は5.8倍にもなっている。

高利回り(優待+配当)銘柄と株価の値上がりの両立はなかなかできないものであるが、ここまで値上がりしたのは珍しいケースだ。日経平均株価は、36円安の1万5911円と6日ぶり反落。

この連載の一覧はコチラ

【9月17日(水)】NYダウは、100ドル高の1万7131ドルと続伸。中国人民銀行が5大銀行に5000億元(8兆7500億円)を短期資金供給との報道に反応。引け後、ソニー(6758)は、業績の下方修正と中間と期末配当の無配(なんと1958年の上場以来初)を発表した。これでは、JPX日経400銘柄から外されても仕方がない。しかし、このところ株価がしっかりと上昇していたのが不思議だ。日経平均は、22円安の1万5888円と小幅続落。

【9月18日(木)】午前3時、FOMC(連邦公開市場委員会)が米利上げ見通し強まり、1ドル108円台と円安進む。日経平均は、円安を好感し178円高の1万6067円と1月8日以来の1万6000円台回復。ソニーは、183.5円安の1940円と大幅下落。米FRB(連邦準備制度理事会)は、雇用改善を条件に、10月に量的緩和停止へ。14時34分、(FX取引)1ユーロ140円で1万ユーロ売り。

次ページなぜユーロを売ったのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT