再上場!すかいらーく株を買ったら、儲かるか

量的緩和終了、10月の相場は波乱?

【9月19日(金)】NYダウは、109ドル高の1万7265ドルと連日の最高値。利上げ懸念後退。10時19分、1ドル109円台と円安進む。スコットランド独立住民投票で反対派優勢と伝わり、10時35分、1ポンド180円台とポンド高円安へ。10時51分、1ユーロ141円で1万ユーロ買い、9996円の損失確定。13時30分、英BBC「反対多数が確実に」と報道。賛成161万票(44.65%)、反対200万票(55.25%)。

ユーロを売ったのは、もし、賛成でスコットランドが独立となれば、円高になるのではないかと思ったから。ほとんどサプライズのない結果となったが、投票前に賛成、反対と五分五分だったのに、独立とはならないと判断している人が多かったので、サプライズにかけてみたのだ。でも本心では独立はないとは思っていたが、独立となって世界が混乱することにならなかったのでホッとしている。日経平均は、253円高の1万6321円と6年10カ月ぶり高値。

15時30分、ルネサスイーストン(9995)は、東証1部昇格と期末配当(普通配当10円+記念配当2円)を発表した。今年の2月25日にジャスダック市場から東証2部への鞍替えをしたばかりなのに、スピード昇格だ。本日終値20円安の680円。残念なことに7月29日に600円で600株、利益確定の売りをしている。

NY市場、注目のアリババ上場の初値はなんと92.70ドルと公開価格(68ドル)を36%も上回る。アリババは上場で史上最大の2.7兆円を調達するそうだが、そんな大型上場なのに、こんなに初値が高いなんて。心配されていたアリババ株を買うための換金売りによる下げもなく、NYダウが史上最高値更新中での上場は、アリババにとって最高のタイミングでの上場だな。

再上場のすかいらーく株を申し込む

【9月20日(土)】NYダウは、13ドル高の1万7279ドルと5日続伸で、3日連続過去最高値更新。週間ベースでは、292ドルの上昇。

【9月22日(月)】10月9日上場のすかいらーく(3197)を野村證券、SBI証券、マネックス証券で申し込む。仮条件は1200円から1450円で、12月末に100株以上保有で2000円のお食事券の株主優待を発表している。

すかいらーくは、2006年6月に1株2500円でMBO(マネジメント・バイアウト)をして上場廃止したが、8年ぶりの再上場となる。チムニー(3178)もMBOで一度、上場廃止となり2年8カ月ぶりに再上場しているが、公募価格1000円に対して2012年12月14日の初値が945円と公募割れし、その後も暫く公募価格以下で推移した。再上場は人気がないなどと言われたが、その後、やまや(9994)の傘下入り発表や東証1部昇格などで株価は大きく上昇(本日終値2238円)した。

さて、すかいらーくはどうなるのか?先週末、東証1部への昇格を発表したルネサスイーストンは、大引け1本値の100円ストップ高の780円。リゾートソリューション(5261)を228円で2000株買う。日経平均は、115円安の1万6205円と反落。

次ページダイエーを信用売り
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT