"脇役メタル"亜鉛が急に輝き出したワケ

業界関係者のボルテージも急上昇

東邦亜鉛が運営する豪州のラスプ鉱山。立ち上がりの品位が安定せず、目下3割の減産中

非鉄金属の世界では今も昔も、花形は金・銀であり、銅である。主に鋼板の防食用に使われる亜鉛は、脇を固める役どころ。その脇役が久々の脚光を浴びている。

今年3月まで1トン当たり2000ドルを割り込んでいた亜鉛市況が6月から急騰し、7月に2400ドルを突破。3年ぶりの高値をつけた。この間、銅は6000ドル台後半を行ったり来たり。がぜん、亜鉛が輝き出したのだ。

三井金属の齋藤修・金属営業部長は早くから「今年、亜鉛市況は2200ドルになる」と予測していた。が、「言い切るのに勇気がいった。これまでの市況が市況だから」。リーマン危機前、4600ドルまで暴騰した亜鉛市況は危機後、1000ドルに転落した。ありえない大暴落だった。

中国で需要が持ち直す

そこからはい上がった第一の要因は、中国の需要持ち直しだ。最大消費国の中国の需要は危機後、年540万トン前後で停滞していたが、2013年に575万トンまで回復。締めてみれば、2013年の世界需給は総需要が総供給を上回った。わずか9万トンとはいえ、需要超過は7年ぶりだ。

次ページこの先の見通しは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。