染料の価格高騰に潜む"あの国"の政策転換

染工場からは悲痛な叫びが上がる

多種多様な色を生み出す染料。中でも青色は使用量が多く、値上がりの影響も大きい

世の中の繊維製品には多種多様な色がある。国内外の染工場で染め上げられたものが加工され、衣服となり、自動車のシートとなる。しかし今、多くの染色加工業者にとって悩ましい事態が起きている。染料の高騰だ。

現在、世界中で使われる染料、あるいはその原料のほとんどが中国で造られている。値上がりの引き金となったのは、同国の環境規制強化だ。

習体制下で方針転換

規制の標的となったのは染料工場の排水。方針自体は2011年から始まった中国共産党による第12次5カ年計画ですでに打ち出されていた。ただ、当局に罰金を払っていれば、事業は継続できた。

ところが、習近平体制に移行後、「腐敗は許されない」と規制強化へ転換。排水処理装置の導入が徹底されているのが現在の状況だ。

処理装置の能力に合わせるために、生産量を抑えなければならなくなったり、操業停止に追い込まれた工場もあるという。

この状況は2013年以降、特に深刻さを増している。実際、輸入染料の価格推移を見ると、2013年から足元にかけての高騰ぶりはすさまじい。

次ページ値上がりが顕著な品種は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング