小林雅さん、IVSは何を目指しているのですか

日本最大級ベンチャーカンファレンスの秘密

小林:1回参加すると30人から50人と名刺交換をすることになりますが、ただ数が多ければいいというものでもなくて、IVSが目指すのは誰が参加しても満足できるようなメンバーを集めること。「20人と名刺交換したけれど、本当に収穫と呼べるのは1人だったな」という異業種交流会とか、あるじゃないですか。そうじゃなくて、9割が「参加してよかった」と思えるような構造にしていかないと、コミュニティとして続かない。

塩野:その点、IVSはNILSのころから数えれば、もう10年以上続いていますからね。

小林:「この人とこの人をぶつけたら面白いんじゃないか」とか、組み合わせも考えるようにしています。

ベテランと若手の両方が集まる

塩野:20代の起業家からすれば、IVSに登壇することが自社のブランディングにもなる一方で、IVSは三越伊勢丹のような老舗も呼んでいます。若手とベテランの両方を引きつけるのがすごいですよね。

小林:あれは正確にいうと、マネックス証券の松本大さんもそうなんですけど、向こうから来たいと言ってくれたんですよ。IVSそのもののブランディングを意識して存在感を出すと、自然と注目されてベテランと若手の両方が集まってくる。ここもバランスが大事で、若手が増えすぎないように、ローンチパッドを活用して実力で選抜しています。

ローンチパッドには1回につき80社くらい応募してきますが、出場できるのは14社程度。1社平均2人が参加するから、平均20人か30人くらいが新規の参加者ということになる。これが全体の5%くらいです。

僕らが存在を知らなくて、向こうから応募してくる会社のほうが面白いですよ。たとえばローンチパッドで2位になった株式会社鳥人間という会社がありますが、そこなんかDNA増幅器をつくっているんですよ。

塩野:そういう面白そうな新規の参加者を探すには、普段からどういう情報源を見ているんですか。

次ページどうやって情報を収集している?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。