高まる「在外インド人」の政治パワー

モディ首相の米国訪問でも大きな集会

この運動における重要な出来事は、NaMoチャイパーティー(NaMoお茶集会)が設けられたこと。その場では多くの事柄が議論・計画され、行動に移された。

実際に行ったことのうち、最大のことは、2カ月足らずの間にインド国内の人々に7万件近い電話を掛けるという偉業を達成した。在外インド人のあいだでのモディ氏への情熱のレベルは非常に高いものがあった。

在外インド人は、カルナータカ州、デリー、アーンドラ・プラデーシュ州、マハーラシュトラ州、ウッタル・プラデーシュ州など自らの故郷に責任を持つよう担当を決められた。そして州ごとに無料メッセージングアプリ「WhatsApp」のグループを結成。各グループからリーダーが現れ、それぞれの州に電話を掛けるための組織化と管理を行った。

電話やオンライン集会の内容は、世界におけるインドの潜在力を有権者に理解してもらうことであった。多くの在外インド人(1万人近く)が、選挙期間前および期間中に仕事の休みを取って、実際にインドへ行ってモディへの投票を呼び掛ける運動を行った。

在外インド人による関与の範囲は広範なものだった。例えば、ある熱烈なモディ支持者は、大勢で投票に出かけて選挙の歴史で最高の投票率を達成しようと若い有権者に呼びかける簡単なビデオを企画・作成して公開した。

なぜここまで活発化したのか

なぜ、ここまでNaMoチームの活動が活発化したのだろうか。その理由には、国外居住インド人のうちの大きな集団が、モディ氏が知事を務めていたグジャラート州に出自を持つということが挙げられる。多くは米国や英国に存在している。

国外居住インド人のコミュニティも大きく変わった。今日、インド出身者は多くの分野で高い業績をあげ、世界的に高い評価を得るようになった。起業家として成功した人も多く、そうした人々はインド国内でも事業を始めたいと考えている。一昔前とは違い、新しいコミュニケーション技術は人々が祖国と連絡を取る能力も向上させており、そのことも大きく影響した。

9月26~30日に行われる米国訪問では、20を超える民間との会議が予定されている。そのうち最大の行事が、米国に居住する420万人のインド人に向けて行われるモディ首相の演説だ。インド系アメリカ人のコミュニティはかつてないほど活力に満ち溢れている。インドの首相訪問時に米国のインド人コミュニティがこれほど大きな行事を計画したことはこれまで一度もない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT