世界最大規模の上場、アリババ隆盛は続くか

海外展開を積極化、新たな“生態系”の構築も

9月19日にニューヨーク証券取引所に上場したアリババグループ。写真中央が創業者のジャック・マー氏(写真:Bloomberg)

中国ネット業界の巨人がついに世界に向けて動き出した。通販サイト「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」を手掛けるアリババグループ・ホールディングが9月19日のニューヨーク証券取引所の上場で手にした資金は約250億ドル。世界最大規模の上場だ。

創業は1999年。BtoB(企業間取引)の通販サイト「アリババ・ドットコム」からスタートし、2003年にC to C(個人間取引)のタオバオ、08年にB to CのTモールに進出した。事業は急速な成長を続けており、14年3月期の売上高は8925億円(前期比1.5倍)、営業利益は4236億円(同2.3倍)だ。

収益の基盤となる月間利用者数は今年6月末時点で2.79億人に上る。サイト上での取引量を示す流通総額は8.5兆円(14年4~6月)と、日本の大手である楽天の同期比で約18倍もある。

ビジネスモデルは単純で、サイト上の取引手数料や広告収入が主な収益源だ。04年に決済の「支付宝(アリペイ)」、13年には資産運用の「余額宝(ユエバオ)」にも事業領域を広げている。だが、アリババの高収益を支えるこれら金融事業の運営会社は、今回上場するアリババグループには含まれていない。つまり潜在的な企業価値は、さらに大きいといえる。

次ページ孫正義社長との”伝説の6分”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。