安倍首相、「女性活用」ってホンキですか

第2次安倍改造内閣は「男女共同参画」の基本を壊す?

これがジェンダー論の基本的な考え方です

重要なことですので、この考え方を詳しく説明しましょう。

多くの男女の筋力を測れば、その平均値では、もちろん男性のほうが上になるでしょう。しかし、私を一瞬で投げ飛ばすような筋力を持つ女性は、山ほどいるはずです。

このように、男女という2種類しかない箱は、個人の多様性を押し込めるには、明らかに数が少なすぎます。「個性と能力性別にかかわりなく発揮できる」とは、その「箱」の制約から自由でなければならないということ。「性別間の平等」は「性別からの自由」を伴わないと実現しないのです。

したがって、この文章の中に、たとえば「男女の特性を無視することなく」といった文言が一言入ってしまえば、この法律の根底的な考えが崩壊してしまいます。「男女は違っているが対等だ」というこの立場は、「異質平等論」と呼ばれるもので、母性神話や性役割分業規範を肯定するのは、その典型例です。現在、ジェンダー論の研究者の中で、この立場に立つ人はほとんどいません。社会学者まで広げても、かなり少数でしょう。

学界の多数説というのは、さまざまな研究や議論の積み重ねの上に成立するものです。この男女共同参画社会基本法は、ジェンダー論の議論を背景としつつ、異質平等論を明確に否定しているのです。

そして、その基本法を背景に、内閣府には「男女共同参画局」という局があり、各地方自治体にも推進義務が課されているために、担当の部署があります。しかも「男女共同参画」は、少なくとも「男性の問題でもある」という視角が取り入れられているのに対して、「女性の活躍」では、男性は無関係に見えてしまいます

このように、すでに法律で定められた部局や推進政策があるところに、「女性活躍」といった言葉をいきなり持ってきても、その内実が何なのか、さっぱりわからないのです。2020年までに指導的な役割に就く女性の比率を30%にするという政策を安倍氏は意識しているようで、それに基づく新法の制定を目指すとの報道が出ています。

しかし、そもそもこれは小泉政権下で出てきた「女性のチャレンジ支援」という政策項目の中に含まれている政策目標で、男女共同参画行政の中では通称「二〇三〇(にいまるさんまる)」として定着しています。10年以上も前に打ち出された「女性のチャレンジ支援」を、名前だけ変えて「新しい」と言われても、疑問符しか浮かびません。各企業に義務化するとでも言うのなら別ですが、行動計画の策定を求めるのが精いっぱいで、財界ではそれにも反対の声が高く上がっています。

次ページ女性閣僚の顔ぶれに問題あり?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。