(第26回)世界を混乱に陥れた外需依存成長の正体


 賃金が低下した背景には、図に示すように非正規労働者が増加したことがある。他方でトヨタ自動車の営業利益は07、08年とも2兆円を超えて、製造業で世界のトップに立った。当期純利益も1・7兆円程度になった。1社で日本全体の法人企業の1割近い利益を稼ぎ出すというのは、尋常なことではない。02年からの外需依存景気は、「トヨタ景気」だったと言ってもよい。

業績向上を反映して、トヨタの株価はめざましく上昇した。02年には3000円を下回ることが多かったのだが、07年の初めには8000円を超えた。トヨタにかぎらず一般的に株価が上昇したため、株主には多大のキャピタルゲインがもたらされた。また、配当も増えた。

しかし、その半面で、大部分の家計が持つ定期預金の金利収入は減少した。国民経済計算で見ると、家計の受け取り配当は01年から07年にかけて2・3兆円から5・5兆円へとほぼ倍増した半面で、受け取り利子は同期間に7兆円から6・5兆円に減少したのである。

法人税収も増加した。外需依存経済成長は、大成功を収めたわけだ。ただし、それは、「置き去りにされた大部分の国民を無視すれば」ということである。

■関連データへのリンク
総務省「労働力調査」長期時系列データ



野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授■1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現財務省)入省。72年米イェール大学経済学博士号取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書は『金融危機の本質は何か』、『「超」整理法』、『1940体制』など多数。


(週刊東洋経済2010年8月7日号 写真:今井康一)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT