“メディカルプア”を救え! アクサ生命の新がん保険


35%が解雇か退職 深刻ながん患者の就労

がん患者の就労支援のためのNPOを立ち上げた桜井なおみさん(43歳)は、自らも37歳のときにしこり(乳がん)が見つかり、手術入院した。退院後の今も治療を続けている。「抗がん剤の点滴投与もつらいが、リハビリもつらい。再発も心配。でも、死ぬことより、おカネのことのほうがもっと心配」と闘病の日々を振り返る。

通院治療とはいえ、会社を休んで通院する日々。病院で複数の治療や検査を受けると、「保険がきいても1回で最低2万~3万円はかかる」(桜井さん)。体調もなかなか元には戻らない。会社では建設関係の大きなプロジェクトも任されるほどバリバリ仕事していたが、乳がんを契機に、大きな仕事を任されることはなくなった。それどころか、通院治療のため有給休暇をどんどん使わざるをえず、やがてゼロになった。「いづらくなった」(桜井さん)。復職して1年後、ついに会社を辞めた。

そこから、ハローワークに週4日通う生活が始まった。がん患者の再就職は難しかった。「なんとかパートで稼いだおカネは、検査代で消えた。ワーキングプアといわれる人たちがいるけど、私の場合は“メディカルプア”。身体障害者の就労支援はあっても、がん患者への支援はない」と桜井さんは言う。

実は、桜井さんのような女性は決してレアケースではない。乳がんの罹患年齢が若年化、しかも罹患率も高まっている中で、独身女性のメディカルプアは増えている。がん患者であると告白すれば、再就職は難しいのが現状だ。こうした状況の中、手術・退院後も通院治療が続き収入が減少する一方で、治療費負担が重くのしかかる。「既存のがん保険は入院日数に対して給付される商品が主流なため、長期にわたる治療の実態と保険の機能との間にギャップがある」(松田専務執行役員)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT