“メディカルプア”を救え! アクサ生命の新がん保険


 女性にとって問題なのは、まだ若い年齢でがんのリスクにさらされるだけでなく、晩婚化の中で、30~40代の働き盛りの層に、自ら家計を背負う人が増えている点だ。つい定期的な検診を怠ってしまい、早期発見できずに手遅れとなってしまうケースは少なくない。仮に早期発見・早期治療できたとしても、次に待ち構えているのは、治療費や生活費のことを考えながら、再発の恐怖と戦わなければならない日々だ。

医療保険に入っているから、といっても、通常の医療保険ですべての医療費を賄うことは難しい。がんで手術入院しても、最近は入院日数が短縮化している。たとえば乳がんの場合、乳房温存手術だと平均7日程度、早ければ5日程度で退院する。つまり、入院給付金が1日1万円なら7日間で7万円、それに手術給付金20万円として、トータル27万円程度にしかならない。

もっと大変なのは退院後だ。特に乳がんの場合、通常5年といわれる再発リスクが懸念される期間は10年と長く、それだけに退院後の通院治療、定期検診も長期間にわたる。特に退院後、1年目は400万円近くになることもある(下表)。外来で複数の抗がん剤治療を続けながら、ホルモン剤による治療、放射線治療が並行して行われ、場合によっては化学療法も加わる。もちろん、他に転移はないか、CTスキャンなどによる定期的な検診は欠かせない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT