“メディカルプア”を救え! アクサ生命の新がん保険

“メディカルプア”を救え! アクサ生命の新がん保険

保険をくるりと変える--。こんなキャッチコピーで、アクサ生命保険の新がん保険のテレビコマーシャルが流れている。働き盛り、特に独身女性をターゲットに、がん罹患時の収入減に焦点を当てた「日本初の収入保障のがん保険」(松田貴夫・専務執行役員チーフマーケティングオフィサー)である。

がんは今や、日本人の死亡原因のトップ。2人に1人が、一生のうちに一度はがんと診断されるというデータもある。胃がん、大腸がん、肺がんなど、がんにかかるリスクは男性も女性もほぼ同じ。

乳がんは退院後が大変 従来型がん保険の限界

男性特有の前立腺がんの場合、罹患するピークの年齢は55~60歳。これに対し、女性特有のがんである乳がんと子宮がんでは、乳がんがここ数年急速に増加、しかも若年層の罹患率が高まっている。最近のがん統計によると、罹患年齢は35歳から急激に増え、45歳前後でピークを迎える。同様に、子宮がんも若年層の罹患率が高まっており、30歳前後から急激に増え、35歳ぐらいでピークをつける。

しかも、男性の前立腺がんは、がんの中で胃がんや大腸がんなどと比べ罹患率が低いのに対し、女性の場合、乳がん、子宮がんはほかのがん同様、もしくはそれ以上の罹患率となっている。特に乳がんはここ数年罹患年齢が若年化し、罹患率が高まっている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。