意外と長い還暦からの8万時間超、迎える前の心得

「自立」と「貢献」を組み合わせて考えてみる

60歳を「第二の成人」と位置づけている藤原和博氏の話を紹介します(写真:jessie/PIXTA)
人生100年時代、「60歳は第二の成人だ」と言うのは藤原和博氏です。「例えば平均寿命が84歳として、60~74歳の自由時間を1日に11時間あるとし、75歳から84歳の自由時間を1日に5.5時間あると計算すると、還暦からの自由時間は8万時間をラクに超えます」(藤原氏)。ではこの時間をどう使えばいいのでしょうか――。「お金」「家族」、そして「死」について向き合った、『60歳からの教科書』より、一部抜粋し再構成のうえそのヒントを探ります。

第二の成人としての心構え

「お金」「家族」、そして「死」。いずれも60歳を「第二の成人」と位置づけるにあたり、避けては通れないテーマです。本稿でお伝えするのは、その場所に「旗を立てる」ための心構え。ひと言で言えば、「自立貢献」です。

「自立」も「貢献」も日常会話によく出てくる一般的な言葉ですが、私はこの2つの単語を組み合わせることで、大きな意味が生まれてくると考えています。さっそく、説明していきましょう。

突然ですが、赤ん坊だった頃の自分を想像してみてください。泣いてますか? 泣いてますよねえ。なにしろ生まれたばかりの赤ん坊は言葉を話せませんから。

オシッコやウンチをしてお尻が気持ち悪くなったり、おなかが減ったり……。それでも、理路整然と他人に言葉で訴えることができません。不快になったら、大声で泣く。嬉しかったら、全身で笑う。そうすることで、赤ちゃんは自分の意思を保護者に伝えます。

そして次第に、「声をあげて泣くと、お母さんやお父さんが助けに来てくれる」ことを赤ちゃんは学んでいきます。幼児期に両親や祖父母に大事に育てられることによって、赤ちゃんは「全能感」を自然に抱けるようになるのです。

「全能感」とは、「自分は何でもできる」「世界は自分を中心に回っている」という感覚のことです。

しかし成長するにつれて、その全能感は徐々に目減りしていきます。幼児期の後半から小学校へ入学する頃には、「どうも世の中は自分の思い通りにはならないぞ」ということを理解し始めます。快晴になるはずだった遠足の日が雨になったり、異性にちょっとイジワルをして気を引こうとしても、ちっとも効果がなかったり。

「世界は自分を中心に回っているわけではない」

その事実に、気づき始めるのです。

次ページある日、ついに世界と自分が「分離」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT