年間10万円以上「医療費」かかった人が損しない技

翌年に確定申告をすると税金が戻ってくる

誰でも始められる「お金の増やし方」。まずは「医療費控除」に取りかかりましょう(写真:laymul/iStock)
マネー初心者は株や不動産投資などに手を出しても失敗するのがオチ。
新著『お金の増やし方』では、誰でも始められる「お金の増やし方」を、FPの西山美紀さんが解説しています。
西山さんによると、まず取りかかるべきは「スマホや光熱費などの現状を見直して、安い会社やプランに乗り換える」「ふるさと納税、医療費控除などのお得な制度をしっかりモレなく利用する」「積立投資やつみたてNISAなどのほったらかし投資にトライ」という3つのアクションだといいます。
本稿では、同書から一部を抜粋・再構成しお届けします。

「医療費控除」で税金が戻ってくる

1年間で医療費を多く支払った人に、「払いすぎた税金を戻しますよ」というのが、医療費控除です。1月1日から12月31日までの1年間の医療費が10万円(または所得金額の5%。どちらか少ない金額)を超えた場合、確定申告をすると税金が戻ってきます。この10万円は、生計を一緒にする家族分を合算できます。夫婦や子ども、同居の父母や義父母、単身赴任中の家族、下宿中の大学生の子どもの医療費をあわせて確認しましょう。治療費や入院費、薬代のほか、公共交通機関の交通費も入れられます。

また、「年間10万円を超える医療費はかかっていない」という人は、ドラッグストアで販売されているスイッチOTC医薬品などの購入が年間1万2000円を超えた場合に、「セルフメディケーション税制」という医療費控除の弟妹分のような仕組みを利用できます。どちらでも税金(所得税)が還付され、さらに住民税が下がる可能性があるので、該当すれば挑戦してみましょう。

次ページ医療費控除の金額はどのくらい?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT