知らないと損!「医療費控除」の確定申告のコツ

領収書やレシートの添付が不要になった!

医療費控除を受けるときの注意点などを解説します(写真:Satoshi KOHNO/PIXTA)
自分や家族の医療費がたくさんかかったり、医薬品を買ったときには、確定申告をして「医療費控除」を受けることができます。昨年度から「領収書やレシートの添付が不要」などルールも大きく変わり、申告しやすくなりました。医療費控除を受けるときの注意点などを『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和2年3月16日締切分』より解説します。

「医療費控除」の対象は2019年1月~12月の医療費

本稿では、受ける方の多い通常の医療費控除について、押さえておきたい4つの注意点と、申告の方法を解説していきたいと思います。

注意1 医療費10万円超でなくても受けられることがある

そもそも自分が対象になるのかどうか、疑問をもたれている方もいるでしょう。

よく「10万円超の支払いがないと受けられないんですよね」と言う方がいますが、この思い込みは要注意です。10万円よりずっと低い金額でも受けられる場合があるのです。

次の算式をご覧ください。

上図を見ると、「総所得金額等」が、200万円以上の方は10万円超の医療費が、200万円未満の方は「総所得金額等×5%」超の医療費が必要だということがわかります。例えば、「総所得金額等」が100万円であれば、その5%の5万円を超えて医療費を支払っていれば、控除を受けることができるわけです。

「総所得金額等」というのは、ごく簡単に言うと、すべての所得の合計額のことです。給料・アルバイト収入だけがある人なら、おおむね年収311万6000円未満のときに「総所得金額等」が200万円未満になります。具体的な金額は、会社から年末調整後にもらった「源泉徴収票」を見てみましょう。ほかに所得がなければ、「給与所得控除後の金額」欄にある数字が「総所得金額等」です。

年金収入のみで65歳以上の人なら、320万円未満の年金をもらっているときに、総所得金額等が200万円未満になります。

次ページ引きすぎないよう注意も必要
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。