年間10万円以上「医療費」かかった人が損しない技

翌年に確定申告をすると税金が戻ってくる

かかった医療費や交通費の1年間の総額から、10万円(または所得の5%)と、公的制度や保険から給付されたお金を差し引いた金額が、医療費控除の金額です。

1年間の医療費の総額

補てんされる金額

 *医療保険や生命保険、傷害保険などから受けとった保険金(手術給付金や入院給付金など)高額療養費制度で戻ってくるお金、出産育児一時金(不妊治療の場合は)助成金
 ※ただし、その給付の目的となった医療費から差し引く(例えば、入院給付金なら、入院にかかわる医療費から差し引く)。引ききれない金額が出ても、ほかの医療費から引く必要はない。

10万円(または所得の5%)
=
医療費控除の金額

※医療費控除の上限は200万円です。

医療費控除の対象となる人は?

1年間の医療費が10万円を超えた人が対象です。10万円を超えていなくても、所得金額が200万円未満の人は、所得金額の5%を超えていれば対象となります。

どんな支払いが対象になる?

「治療はOK、予防はNG」と覚えましょう!

医療費控除の対象になるものは、基本的に「治療」が目的のもの。予防接種や健康増進のためのサプリメント、マスクなどの「予防」が目的のものはNGです。

次ページセルフメディケーション税制が利用できることも!
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT